Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

日本のミンストレル・ショー、土人踊り

二度と名前を口にしないでと大激怒

f:id:misandry:20180104152556j:plain

2017年大晦日に放送された、『ダウンタウンガキの使いやあらへんで!」特番『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』。この中で浜田雅功エディ・マーフィーのコスプレをするために顔を黒く塗って批判された問題。

なぜ顔を黒く塗る行為(ブラックフェイス)が問題であるのか。「ブラックフェイス=ミンストレル・ショー」だからです。

ミンストレル・ショー - Wikipedia

ブラックフェイスへの批判に対して、「エディ・マーフィーのものまねをしただけだ」という反論をネット上でよく見かけます。確認するために、Huluで配信中*1の『アメリカンポリス」』を観てみました。

浜田雅功の扮装は映画『ビバリーヒルズ・コップ』のエディ・マーフィだという紹介はありますが、ものまねは一切行われません。また、松本人志が相方を見て「中入ったら、外見たら黒人がわろてんねん。そら、アカンやろ。普通にわろてんねん、黒人が」と言っています。笑われているのはエディ・マーフィではなく「黒人」です。

2016年、伝説のジャズシンガー、ニーナ・シモンの生涯を描いた映画『Nina』がアメリカで公開されました。主演を務めたゾーイ・サルダナはアフリカ系のニーナを演じるにあたり、付け鼻をつけ、肌を黒く塗りました。

このメイクに批判が殺到しました。

歌手のニーナ・シモンズ役で批判殺到のゾーイ・サルダナ、共演者のマイク・エップスが擁護

ニーナの遺族は「二度とニーナの名前を口にしないで欲しいと言い放つほど大激怒」しました。

ニーナ・シモン一家、ゾーイ・サルダナを酷評

このようにブラックフェイスは非常にセンシティブな問題です。

ハフポスト日本版の『「笑ってはいけない」浜田の黒塗りメイクが物議 黒人作家が語った不安』という記事の中で、在日外国人のベイ・マクニールさんがブラックフェイスによって生じる気持ちを平易な言葉で説明していますので、ぜひお読みください。

ミンストレル・ショーについて知りたい方は、同じくハフポスト日本版の『正月の民放番組で感じた「人権後進国」日本』をどうぞ。

Twitterでは番組の放送中からこの件に関していろいろな意見が交わされています。その中に、日本にはミンストレル・ショーの歴史などないと断言するツイートがいくつか散見されました。

これは事実ではありません。日本では現在もミンストレル・ショーが行われています。

日本軍の歩兵連隊や騎兵連隊には軍旗祭という祝賀行事がありました。毎年、駐屯地に地域住民を招待し、兵士が模擬店を出したり余興を披露する文化祭のようなお祭りです。

この軍旗祭に、兵士たちが全身を黒く塗って踊る「土人踊り」という出し物がありました。「来客者から盛大な喝さいを受け」(『写真で見る日本陸軍兵営の生活』藤田昌雄/光人社)るほどの人気だったようです。

当時の軍旗祭の仮装行列では「土人踊り」はかならず行われる仮装であり、仮装行列以外でも人が集まる各所では、その場のノリで即興の踊りを披露して来客者を楽しませた。

2016年10月、大阪府警の機動隊員がヘリパッド建設に反対する沖縄県民(琉球民族)に対して「土人」と罵倒する事件がありました。

「土人が!」沖縄で機動隊員が罵倒 ヘリパッド抗議の市民に【UPDATE】

北海道旧土人保護法*2という、アイヌ大和民族と同化させるための法律も過去には存在しました。

北海道旧土人保護法 - Wikipedia

土人=野蛮な非大和民族」という構図は明らかです。2017年11月には、山本幸三衆院議員が「何であんな黒いのが好きなのか」と発言しました。アフリカ人/アフリカ系差別はリアルタイムの社会問題です。

「何であんな黒いのが好き」自民・山本氏、アフリカ巡り

この「土人踊り」を今も継承している学校があります。岩手県立盛岡第一高等学校です。

動画のタイトルは「盛岡一高猛者踊り」ですが、かつては「土人踊り」でした。

下の画像は自伝 ★高校時代★より引用。

f:id:misandry:20180104173428j:plain

f:id:misandry:20180104173347j:plain

『写真で見る日本陸軍兵営の生活』に載っている仮装の写真も、輿はありませんが、この二枚の画像とほぼ同じです。

卒業生の福田光之さんによると、1988年に「『土人踊りは人種差別か否か』問題が生じ」、91年まで侃々諤々の論争が続き、地元新聞、『AERA』、NHKニュースに取り上げられたのち、93年にようやく「猛者踊り」に改称したそうです。

YouTubeにアップされた2017年撮影の動画を見ると、肌を赤や青に塗った男子高校生が、腰蓑だけを着けた姿で槍を持って踊っています。

f:id:misandry:20180104175326j:plain

土人踊り」の歌詞は以下(自伝 ★高校時代★より)の通り。

ノーナマニサパヤンプリマ 
ノーナマニサパヤンプリマ
ノーナマニサパヤンプリマ 
ウササノヤマガダギ
キタイナウリピネ
ウウヤワウウヤワ
テンヤワウー (以下略)

YouTubeの動画でも「ノーナマニサパヤンプリマ」という歌い出しから始まっています。福田さんの高校時代は1961年~64年だそうですので、「猛者踊り」と改称された現在も歌詞は変わっていないことになります。振付もそのままでしょう。

土人」や「ブラックフェイス」を変更しただけで、「猛者踊り」も本質は同じです。これが現代日本のミンストレル・ショーです。

*1:1月21日まで

*2:1997年廃止