読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

「声かけ写真展」の地獄は続くよどこまでも…

性犯罪 セクシズム ミソジニー

WE ARE NOT THINGS!

前回、わたしは記事の一番上にこの画像を貼りました。みなさん、カメラのレンズが自分に向けられていると、とても不快に感じませんか?

f:id:misandry:20160510233254p:plain

わたしは昔から、相手が友達であろうと、カメラを勝手に向けられることが嫌だったんですが、今回の「声かけ写真展」事件でカメラを向けることが暴力であると知り、納得しました。

わたしが写真ACでダウンロードしたこの画像は、男性の顔がカメラのレンズに隠れて見えません。まるで一つ目の化け物に見つめられているような気分です。前回、女子小中学生と成人男性の体格差、腕力差、社会的立場の差は、成人男性とマシンガンを担いだイモータン・ジョーくらいの開きがあると書きました。

イモータン・ジョーが片手にマシンガン、片手に一つ目の化け物を握りしめていたら、成人男性は果たして逆らえるでしょうか? 拒否することができず、写真を撮られてしまい、それが30年後、3万5000円で売りさばかれたら、あなたはどう感じるでしょうか?

「声かけ写真展」についての説明は『「声かけ写真展」という地獄絵図』をどうぞ。

それでは本題です。「声かけ写真展」を運営していた器具田こする氏が自身のブログを更新し、反論を述べました。(『猥談ナイト』のフライヤーは削除されていました。まずいと思う感覚はあるらしい)

器具田研究所

いまネットでは、
見ていない人たちによる想像上の不可視の展示内容と、それによる炎上文言があふれています。
対して実際に来場、鑑賞していただいた方の印象を確かめてみてください。

この落差が、写真展のもつ現代アート()的な批評性として示されています。

イモータン・ジョーが片手にマシンガン、片手に一つ目の化け物を握りしめて得た合意を盾に、展示され、販売されている写真。見に行けばわたしもイモータン・ジョーの側に立つことになります。

WE ARE NOT THINGS!

で、「実際に来場、鑑賞していただいた方」ってこういう人ですか?

この人、年季の入ったガチの小児性愛者ですよね。そりゃ、オカズがゲットできたんですから、写真展を手放しで褒めるでしょうね。

来場者が会場で撮影した写真をネットで見ただけでは、とても写真展を評価する資格にはなりません。

写真展の評価は、写真展に来場して鑑賞することでしかできないものです。

実際に見て何を感じたかは観覧者にゆだねますが、想像上の不可視の展示内容を見ている人たちの反応は完全に誤りです。

「来場者が会場で撮影した写真」って、スカートをはいてしゃがんでいるせいで下着が見えている女の子の写真のことですか? 写真から垂れ下がるようにして添えられたメモの内容はこう。

この写真(現物)販売可
予約をいただき、展示終了後
お渡しします(送料別途)
¥35000-税込
くわしくはスタッフまで

他人の写真を勝手に売っていた証拠があるのに、「来場してないからダメ~ぶっぶ~あうと~」なの? 金儲けできればなんでもアリ?

でもね、こういう行為を性犯罪(性的搾取や性加害)って言うんだよ~、知ってた~? 他人の顔と体、つまりアイデンティティそのものを「商品」として売りさばける権利がお前らにあるんだね~? 生きている人間の体に手を突っ込んで腎臓を引きずり出して売るのと同じ行為なんだけど、お前らは神様かな~? 

器具田氏は女子小学生の外見をした人形の写真集に関わっています。人形は割れ目を見せるポーズを取っています。器具田氏が作ったオナホの商品名は「おさないひなのくちまんこ」。

器具田氏と共に人形やオナホを作りながら、写真展にカメラマンとして参加したどんちゃん氏は「アリスクラブ」という児童ポルノ雑誌のライターでした。

ガチの小児性愛者が主催したイベント。そこで展示されていたのは女子小中学生の水着姿やパンチラ写真。来場していたのはガチの小児性愛者。

なんで問題がないと思えるの? 頭大丈夫?

小さな映画館でこっそり上映されていた映画が、実は女性をレイプした様子を大昔に撮影したものだとわかったら、観ていない人たちからいっせいに批判が来ますよね。それに、クズ人間をのぞいて、実際に観たいと思う人はいないでしょう。

繰り返しになりますが、その映像を観てしまったら、「レイプは娯楽だぜ、ヒャッハー!」な思考の加害者と同じ側に立つことになります。どぅーゆーあんだーすたん?

つか、人権は踏みにじったもん勝ちってすごい倫理観だな。どれだけ被害者が生まれようが、気づかれないように人権を踏みにじれば無問題! あとから文句言っても時間切れだもんね~wwwってお前、通り魔に刺されたのに警察から「犯行の瞬間見てないから捜査しません」って言われて納得できるか?

もうひとつ。
本件には写真展の評価でない問題があります。

伝聞だけで想像をこじらせて悪を合成する、そのメカニズムの根源となるものです。
頭に設置されたメカニズムを守るため、写真展は悪でなければならない、と思い込んでしまう、結論ありきで進む、そんな人たちがいます。

人を悪に仕立てるレトリックはあふれ、疑う能力も枯渇し、荒廃していきます。
性を嫌悪するあまり、何を見ても性のメタファーとし、ポルノだとする人もいます。

中二病? 中二病なの? 恋愛工学の教祖様、藤沢数希尊師と仲良くなれそう。

「性を嫌悪するあまり、何を見ても性のメタファーとし、ポルノだとする」って…おま…スクール水着やセパレートタイプの水着、パンチラが性的じゃないの? マジで? じゃあ、日頃お前は何をオカズにシコってんの? ニンジン?

こんなことを書きましたが、器具田氏は「少女人形」をオカズにしているそうです。ストライクゾーンは「小学3~4年生あたり」。女性経験はないそうです。器具田氏が元医学生の男性と対談しているサイトがありました。

元医学生の男性は「医者になれば合法的に女児の胸を撫でまわすことができる」という理由で医者を目指していたそうです。違法な動画をアップしているようなので通報しました。

話を戻します。たとえば、器具田氏の作った人形が器具田氏本人に犯されながら、「ひぎぃぃっ!!!」「らめぇぇぇっ!!!」などと言っている写真を展示するだけなら、ドン引きはされてもここまで問題になることはありませんでした。

被写体にされた女の子は生身の人間なんだよ、頭ちんこのクソ野郎。

わたしを含めて、「声かけ写真展」に抗議している人たちは、器具田氏のような人間が合意を得るために女の子を追いかけ回す「おおらかな時代」をここで終わらせたいと思っています。

Twitterにアップされた写真展の画像の中には、女の子に風船を渡す瞬間を撮影したものもありました。子供が欲しがるもので釣るって性犯罪者の常套手段じゃねえか! クソが!

ちなみに、器具田氏は上記の対談で、自身を性的少数者だと称しています。

自己紹介のレベルで児童性愛者だ同性愛者だと言い出すのは、「タレントの○○とセックスしたいです」と初対面に宣言するのと同レベルで異常なことです。

性的少数者を侮辱したいの? 隠れ蓑にしたいの? どっち?

そもそも、性的少数者はLGBTQIA(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルトランスジェンダークィアインターセックス・エイセクシュアル)のことです。小児性愛DSM精神障害の診断と統計マニュアル)に載っています。

女子小学生の人形をオカズにしている器具田氏は、僕ちん小学生とセックスしたいわけじゃないから大丈夫だもん!と反論するかもしれません。この人が死ぬまで人形で満足できることを祈ります。

っていうか、セックスしてないからセーフって、アイデンティティを売りさばかれて人間としての尊厳を踏みにじられた女性に対して同じことが言えるのかな~? みんな、お前が大嫌いな大人の女性になってるよ~? やましいことしてないなら、一人ひとりにあなたの写真を売りましたって報告してきなよ。ね?

WE ARE NOT THINGS!

しかも、なんか器具田氏のお仲間のブログにわたしの記事が引用されたんですよね。

otomegu06.hateblo.jp

社会性をスポイルして考えるなら、少女写真の展示自体が絶滅してしまった中、極めて稀有な好展示だったと思います。入口の係の人からいきなり漂ってくる濃厚な少女のオーラ、ノスタルジックな教室にばらまかれたイノセントさとエロティックさがうまい具合に混合された少女写真の群れ、スク水やブルマ写真もきちんと散りばめたフェティシズムへの気配り、座ってじっくり鑑賞できる快適さ、同好の士が醸し出す快適なロリ&ペドの空気、ブックレットからほとばしる力強いアングラの空気、などなど。主催者がガチで少女を愛しているというパトスが濃厚に漂っていて、私も久しぶりに小児性愛者としての琴線を大いに刺激されました。しばらく3次元の少女を愛でる回路は封印していたんですけどね。

なんで社会性をスポイルして考えるの? 小児性愛者には社会性すらないの?

今回の展示はアートかポルノか?

批判している人は誰もアートだなんて思ってませんよー。重大な人権侵害だと思ってますよー。仮にアートだとしても、人権を侵害していい理由にはなりませんよー。

人権だの女性擁護だのをふりかざして合法的な表現を押さえにかかる輩は、自分が暴力的なことを行っていることに全く気付いていないのです。

他人の体から腎臓を引きずり出して売ることは暴力じゃないのかなー? これ、比喩だからねー。僕ちん腎臓引きずり出してないもん!って怒らないでねー。

少女は美です。それは古代から芸術において愛でられてきた神的な表象です。それを理解できない輩は撲滅されるべきです。

そうだよねー、少女は「美」であって「人間」じゃないよねー。ためしにさ、自分より偉い立場の男性、上司でもなんでもいいけど、その人に向かって「あなたは美なので愛でます。可愛がります」って言ってみなよ。下手したらクビになるよね。つまり、歯向かってこない相手じゃないと「美だから愛でる」って言うことができないチキン野郎なんだよねー。成人女性も歯向かってきちゃう恐ろしい存在だよねー。

2次元も3次元も、少年少女を愛する我々変態紳士は少年少女たちを害することなく、一定の距離を取って鑑賞し、成長途中の身体を愛でるべきなのです。彼ら・彼女らが大人になる直前に発する一瞬の輝きを妄想として脳に焼き付けるべきなのです。半ズボンやスカートの下にあるつるつるのおちんちんやおまんこをあくまで妄想のレベルで愉しむべきなのです。Yes、ロリショタ。NO、タッチ! この鉄則を心に刻み、子供たちを遠くから愛でましょう。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

いや、全然距離取ってねえじゃん。被写体にして「商品」として売りさばいといて何ほざいてんだよ。少年だろうが少女だろうが人間なんだよ。お前らのために存在するペットでも人形でもねえんだよ。イモータン・ジョーやジャバ・ザ・ハットに愛でられて喜ぶ人間なんか一人もいないからな。

「声かけ写真展+思い出した」でTwitter検索をすると、さらに多くの恐怖体験を読むことができます。器具田氏やそのお仲間はこれらを読んでも何も感じないのでしょうね。少女は「美」であって「人間」じゃありませんからね。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

 

 

 

WE ARE NOT THINGS! 

misandry.hatenablog.com