Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

「声かけ写真展」という地獄絵図

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

f:id:misandry:20160510233254p:plain

東京都世田谷区にある世田谷ものづくり学校で、5月4日~8日まで「声かけ写真展」という展覧会が開催されていたそうです。

koekakephoto.strikingly.com

中年男性が女子小中学生に声をかけて撮影しただけの写真展。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

勇み足はよくありませんね。写真展を運営していたのは「器具田研究所」というところです。サイトを見てみましょう。

器具田研究所

【官能×異常技術=アート】等身大フィギュア、特殊用途人形および軟質ホールなど特殊用途人体パーツの設計開発研究とチューニング、IoST対応などを手がける「器具田研究所」の公式サイト。マッドサイエンティストの器具田こする教授とどんちゃんの2人で、ラブドールメーカーや個人クリエイターさま、性的マイノリティの方々を支援しています。愛称WKD(Wanking Kiguda District)。

器具田こする氏は4月25日に開催されたイベント『猥談ナイト』において、オナホ職人として参加していました。

twipla.jp

TwiPlaには「オ…ホ職人」と記されていますが、器具田氏のブログに掲載されていたフライヤーでは「オナホ職人」と明記されていました。日付が5月10日になったばかりの頃はまだ確認できていたんですが、午後11時現在、サイトにアクセスできません。(5月11日追記:フライヤーは削除されています)

また、器具田氏とともに性具の開発を手がけるどんちゃん氏は、写真展に参加しているカメラマンの一人です。

元アリスクラブライターのどんちゃんが撮りためた未発表の作品も見られますよー。

アリスクラブ? ライター?

アリスクラブ(Alice Club)は、白夜書房コアマガジンから発売されていた少女ヌード専門の雑誌。

アリスクラブ - Wikipedia

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

器具田研究所は「オタクカルチャーの中でも少女イメージの再現を目標に、文章、写真、ドール、ホールなど各種の活動をしてい」るそうです。女子小中学生の性器を再現するためにオナホを作っているんですね、わかります。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

器具田研究所のサイトの一番下には、「器具田研の制作関与商品&私的おすすめアイテム」が表示されています。すべてアダルト商品です。そのうちの一冊は写真集で、女子小学生の外見をした人形がキャミソールをくわえ、胸・腹・割れ目などを見せている写真が表紙です。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

オナホも紹介されています。商品名は「おさないひなのくちまんこ」。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

胃の内容物を出し切ったところで、肝心の写真展を見てみましょう。

getnews.jp

1000円を払うと入場券を兼ねたパンフレットがもらえたそうです。そのパンフレットは、レオタードやスクール水着、スカートをはいてしゃがんだ女の子のイラストが所せましと描かれています。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

世田谷ものづくり学校は廃校舎を再利用した施設です。写真が展示されていた場所は使われなくなった教室です。女子小中学生の写真は机やロッカーの上に並べられていました。

Twitterで検索すると、実際に見に行った人のツイートを確認することができます。あえてご紹介しません。写真はL版なら1枚100円で焼き増し可。大きいものは3万5000円で購入可。

ある人のツイートには、展示された写真を撮影した画像が4枚アップされていました。女の子がスクール水着やセパレートタイプの水着を着たもの、しゃがんでいるせいで下着が見えている写真が含まれています。写真に添えられたメモの内容を読み取ることができたので、書き出してみました。

この写真(現物)販売可
予約をいただき、展示終了後
お渡しします(送料別途)
¥35000-税込
くわしくはスタッフまで

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

『声かけ写真展』のサイトによると、「声かけ写真」とは「30年前にあった、ひとつの写真文化」だそうです。初めて聞きました。

写真展を紹介するガジェット通信の記事では、株式会社土の福田信哉代表とキュレーターの器具田こする氏がインタビューに答えています。しかし、具体的にどちらが答えているのかはわかりません。

-現在は、『声かけ事案』などに発展しかねないことから、この文化は衰退していますよね。その点についてはどのようにお考えですか?

 

いろいろな点で難しい時代になったと感じています。『声かけ』という言葉だけで、悪い意味にとる方もいらっしゃいますし。
しかし、だからといってかつて撮られた写真が悪いものになるわけではないんです。
その偏見を無くし、作品を残すということをしたかった。
たとえ否定的な意見があったとしても、何もしないよりは行動を起こしたいと思いました。

写真を3万5000円で売りさばいといて「かつて撮られた写真が悪いものになるわけではない」? あ? 寝言はオナホに向かって言え、クソが。

-「声かけ写真」の魅力というのは何でしょうか?

 

モデルやアイドル、女優といった撮られるプロの人とは違い、間にメディアが介在していない素の姿が見られるところですね。私たちは『モロ少女』、略して『MoRoS(モロス)』と呼んでいます。“本物の少女”や“スレていない少女”という意味合いです。ある意味“野生の少女”と言ってもいいでしょう。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

"本物の少女"? "スレていない少女"? "野生の少女"? 処女とか初潮前とかそういう意味?

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

福田代表や器具田氏にインタビューを行ったプレヤード氏は、アイドルファン歴20年を超えるアイドルオタクだそうです。こんなことを書いています。

実は、インタビュー後、個人的な興味もあり“少女写真の素晴らしさ”について、しばしお話をさせていただいた。
その中で感じたのは、少女というのは、神聖で、はかなくて、不可侵な存在だということ。

お前には何が見えてるの? 異世界のクリーチャー? 美少女だろうがなんだろうが生身の人間だからな?

写真に写っている少女たちも、成長し、母親になり、子供を育てている人も多いだろう。
あの日、撮影したカメラマンに心を許し、笑顔を見せた子も、今では自分の娘に「知らない人に声を掛けられたら逃げるように」と言いきかせているかもしれない。

カメラマンに心を許し…って…。うわぁ…。たとえばお前がさ、マシンガン担いだイモータン・ジョーから「写真撮らせて」って言われたらどうする? 断ったらマシンガンで撃たれるかもしれないよな? 一応、OKするよな? それ、心を許すって言うか? 言わないだろ?

「僕ちん、イモータン・ジョーじゃないもん(>_<)」って言い訳は通用しねえからな。女子小中学生と成人男性の体格差、腕力差、社会的立場の差はお前とイモータン・ジョーぐらいの開きがあんだよ。ジャバ・ザ・ハットでもレクター博士でもジェイソンでもなんでもいいけど。

つか、女の子がよくわからないまま撮影を許可したとして、それが30年後に3万5000円で売りさばかれてたら、「知らない人に声を掛けられたら逃げるように」って誰でも言うだろ。老若男女誰でも言うだろ。

本当のところを言えば、人々の間に信頼感があり、このような写真が数多く撮れた時代があったことを思うと、現代のような状況に一抹の寂しさを感じなくもない。 

昔は警戒されずにスク水やパンチラ撮り放題だったのにぃ!くそぅ!って本音がだだ漏れなんだよ、頭ちんこ野郎。

インターネットもデジタルカメラも無い時代、それでもそこには、現代の日本が無くしてしまった貴重な文化があったのだ。

はあ? いつ日本の文化になったんだよ? そんなに日本の文化が大事なら美少年のケツ掘ってろよ。あ、これは洒落にならない。マジでやりかねない。美少年云々はなかったことに。

というわけで、『声かけ写真展』に関わった奴らは肖像権侵害してるから全員切腹な。腹切って詫びろや、日本男児ども。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

あれ、よく考えたら、30年前って宮崎勤が幼女を誘拐して殺害してた頃だよね? あいつも写真撮らせてって声かけてたらしいね。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件 - Wikipedia

さすがに事件が発覚したあとは、不審者が近づいたら子供は逃げるよね。もしかして、日本の文化を大事にする日本男児は、宮崎事件以前の「撮る側も撮られる側も、そこに警戒心など感じなかった、おおらかな時代」に戻って宮崎勤と同じことしたいって思ってるのかな~? 残念だったね~?

もはやここまで来ると、「我々は二次元と三次元、フィクションとリアルの区別がついている。それに、これは崇高な芸術だ、文化だ」という言い訳は通用しません。現実に存在する女児が肌や下着を露出させている写真を、価値あるものとして高値で売りさばいたんだからな。お前らも芸術や文化の名のもとに殺害されて食べられればいいのにね。

ちなみに、写真展に行ったアイドルオタクの感想がこちら。プレヤード氏とは別人。

めちゃくちゃ美少女。私なんかは、この子のことをエロティックだと思っちゃいます。目なんかめちゃくちゃセクシーじゃないですか。明らかに少女の見た目をした「女」です。ここら辺は感性の問題ですが、これに「女」を1ミリも感じない人は、感性が死にかけてますよ。

小学生にしか見えない女の子の写真に対してつけられたコメントです。

オ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛エ゛ッ!!!

これってあれですよね。「あの子は少女じゃなくて『女』だ。『女』だから僕ちんをやらしく誘ってきたんだ。僕ちんはその誘いに乗っただけなのぉぉぉっ! レイプじゃないのぉぉぉっ!」ってやつですよね。

wotopi.jp

(性犯罪は)自分より強いと思う相手に行う行為ではない。さらに加害者の特徴でよくあるのは、「自分の行動の責任を自分で取らない」ことです。なんでも人のせいにしたり、「あの子は僕と目が合って『されたい』って思っていたからしてあげた」と思っていたり。

悪いのは成人男性よりも体格や腕力や社会的立場が圧倒的に劣る女の子だよね~。お前らは全然悪くないよね~。ちなみに、写真展には「インターネット上にのせると、かなり際どい写真も含まれ」るそうです。

「際どい写真」を展示した器具田氏はこの言いぐさ。

写真が問題ならパンフレットも問題。

ガチな小児性愛者が集まるオカズ写真展を批判されても、何がいけないのかわからないからすっとぼける中年男性。そうだね~、お前らは被害者だよね~、オカズは赤い血が通ったオナホだもんね~、どう扱おうが文句言われる筋合いはないよね~、批判されて可哀想だね~。

自分より知性も地位も学歴も体格も何もかもが劣る、人間としてはまだ未熟な、しかし性器だけはついている女の子が相手じゃないと勃たないんだよね~。

小学生の頃、友達が男性から写真を撮られた事件は『今さら「のうりん」ポスター問題について』でお話ししました。『声かけ写真展』で炎上するわたしのタイムラインには、実際に声をかけられて写真を撮られそうになった/撮られた女性の恐怖体験があふれ返っています。

わたしの友達を盗撮しやがったクソ野郎の脳内でも、今頃は盗撮が古きよき時代の美しく儚い思い出に変換されているのかもしれません。死ね!!!

 

 

 

少年の性器を模したバイブやディルドを作っている中年女性が、"本物の少年"や"スレていない少年"を賛美しながら写真展を開催したらどうなるんでしょうね?

misandry.hatenablog.com