読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

今さら「のうりん」ポスター問題について

頬を染めながら巨根を強調するポーズ

岐阜県美濃加茂市とアニメ『のうりん』がコラボしたポスターが物議をかもしている、という話題を今さら取り上げます。Yahoo!ニュースで調べてみると、最初の記事がアップされたのは11月30日。

元の記事はこちら。

withnews.jp

簡単にご説明しますと、『のうりん』は美濃加茂市の農業高校を舞台にしたライトノベル。2014年にアニメが放送されています。

今回問題になったポスターは、観光協会が主催する4回目のスタンプラリーを告知するために作られたもの。

ポスターの画像は「エキレビ!」から。

f:id:misandry:20151206145519j:plain

www.excite.co.jp

わたしが初めてポスターを目にしたのは、ニュースサイトの小さなサムネ画像でした。胸の大きさだけが印象に残りました。文字がはっきりと読めるサイズで改めて見ても、胸の大きさだけが印象に残ります。

ここでセクハラの基準をおさらいしてみましょう。

連合|これがセクハラです(男女が働きやすい職場をめざして−セクハラをなくそう)

視覚によるセクハラ

 

ヌードポスター、わいせつな絵や写真の掲示など(コンピュータのスクリーンセーバーや週刊誌・スポーツ紙も)

今回は「頬を染めながら巨乳を強調する女性のイラスト」がわいせつであり、セクハラに当たるという批判が相次ぎました。何をもってわいせつとするのか。「わいせつ物頒布等の罪」を定める刑法175条でもはっきりと定義されていません。わいせつとされる要件は以下の3つ。

1. 徒に性欲を刺激・興奮させること
2. 普通人の正常な性的羞恥心を害すること
3. 善良な性的道義観念に反すること

わいせつ物頒布等の罪 - Wikipedia

「徒(いたずら)」って何? 「普通人」って何? 「正常」って何? 「善良」って何?

海老名市議会議員の差別ツイートに賛同した岐阜県職員からしてみると、「異性愛者」が「正常」であり、同性愛者が「異常」なのでしょう。

わたしからしてみると、差別ツイートをする岐阜県職員こそ、異常でありクソ野郎であり理性のかけらもない虫ケラ以下の野蛮人です。

そもそも、わいせつの定義がはっきりしていれば、過去何度も裁判で争われることはありませんでしたし、ろくでなし子さんがデコまん(デコレーションしたまんこ)を作っただけで逮捕されることもありませんでした。(ろくでなし子さんについてはいずれまた)

従って、「頬を染めながら巨乳を強調する女性のイラスト」を見て「わいせつだ」「不快だ」と思う人もいれば、「これぐらい普通」「女体は素晴らしい」と思う人もいるでしょう。他者の感じ方なんてどうこうできるものではありませんし、いい・悪いの話でもありません。

上の「視界によるセクハラ」の定義によれば、「頬を染めながら巨乳を強調する女性のイラスト」を「わいせつだ」と感じる人にとっては、件のポスターがセクハラに当たります。

わたしは「表現を規制しろ!」と主張したいわけではありません。表現規制がゆるゆるだったおかげで、日本のサブカルチャーは世界でも類を見ないほど発展しました。わたしはただ、男性のみなさんに小学生のようなダブルスタンダードをやめていただきたいだけです。

たとえば、マッチョなイケメン男性がブーメランパンツ一丁で頬を染めながら巨根を強調するポーズを取っていたらどうでしょう? 「腐女子に媚びやがって!」「きもい!」「死ね!」と大騒ぎするのは誰でしょう?

「萌え絵を批判する奴はクソフェミ!」「性欲がある女は腐女子だけ!」と決めつけるのもやめていただきたい。勝手に決めつけられるのって不愉快なんですよ。

思考がミニマルな男って超絶美人からキスされるのを待ってる童貞☆白雪姫なんだろうな~。ほら、不愉快でしょ?

『のうりん』のポスターはすでに撤去されましたが、わたしは別の解決方法もあったと信じています。マッチョなイケメン男性がブーメランパンツ一丁で頬を染めながら巨根を強調するポスターを、『のうりん』ポスターの横に貼ればOK。もちろん、子供が訪れない場所で。

オタクを自認し、オタクであることを誇りにする男性は、巨根を強調するポスターを見て腐女子に媚びやがって!」「きもい!」「死ね!」と大騒ぎしないでくださいね。サブカルチャーがさらなる発展を遂げるためにも、表現規制はゆるゆるのほうがいいですよね?

バーカ!バーカ!と言ってやってください!

実はここからが本題です。前置きなげー。

下は『のうりん』問題でざわつくわたしのTLに流れてきたツイート。

コンビニのエロ本と親の裸が同じなんだ? まさか、お母さんの裸をオカズにしてオナニーするの?

フロイト先生、よかったですね!

実の母親に欲情する息子がここにいましたよ!

袂を分かった愛弟子のユング先生に思う存分バーカ!バーカ!と言ってやってください!

フロイトいじりはほどほどにして、子供が母親の裸に向ける視線と、男性がヌードグラビアに向ける視線が同じものだと思える神経が本気で理解不能。マジでやばくない? さすが、母親に欲情する奴は違うぜ。

っていうか、自分が性的に消費されることがどれほど気持ち悪いものなのか、男性には想像がつかないのでしょうか?

前回、痴漢被害にあった男性6人の証言をご紹介しました。もう一度、引用します。

「おいおい、マジかよ。朝から男のケツ触んなよ。痴漢こわっっっっ」

とにかく怖かったです。時間にすれば短かったはずですが、恐怖でした。

気持ち悪い。どっか行ってほしい。捕まったらいいのに。殴りたいとも思った。

これ読んでわかんないんだったら、刑務所行って掘られてこい。

『BL=AVでいいけど、妊カフェがきもすぎて吐く』でわたしは、現実世界の男尊女卑を忘れるためにBLを読むと書きました。アニメや漫画に女性のパンチラや入浴シーンが出てくると、女性は性的に消費されるだけの商品だという現実を思い出してしまうんです。

性的に消費されることが名誉であるなら、痴漢被害にあった男性は名乗り出ます。女性の被害者だって、89.1%もの人が泣き寝入りすることはありません。(追記:当該記事が削除されたため、別サイトをリンクしました)

www.msn.com

何度でも繰り返します。

性的に消費されることは名誉でもなんでもねーよ!

わたしが小学校低学年の頃、友達数人と屋外でおしゃべりをしていたことがあります。友達の1人はスカートをはき、低いコンクリート塀の上に座っていました。コンクリート塀に座っていたのはその子だけ。太ももが丸見えだったと思います。

しばらくしてわたしは、コンクリート塀に座った友達を離れたところからカメラで撮っている男性がいることに気がつきました。その時はなぜカメラで撮っているのか、理由がわかりませんでした。

今はわかります。畜生にも劣る性犯罪者だからだ!(+小児性愛者)

男性には性犯罪者の餌食にあった経験がないんでしょうか? 気がついてないだけであると思うよ? 性犯罪者にこれだけ甘い国なんだから。

痴漢抑止バッジへの寄付はこちらから。

faavo.jp

女性なら程度の差こそあれ、物心ついた頃からずっとこんな経験があります。『のうりん』のポスターを不快に思う女性は、自分が性的に消費される気持ち悪さを思い出してしまうのではないでしょうか。

山田太一脚本の『想い出づくり。』というドラマには、古手川祐子柴田恭平からストーキングされた挙句、レイプされたのになぜか付き合うというトンデモ展開が出てきます。さすがにリアルタイムではなく、TSUTAYAで借りて観ました。

これも本気で理解不能です。自分をストーキングしてレイプまでした相手と付き合えるわけねーだろ、ボケ!

日本を代表する脚本家でさえこれですよ。男性は女性の気持ちを想像することができないの? インポッシブル?

よし、じゃあ、ちょっと特訓してみよっか? 何事も慣れだよ、ガンバ!

コンビニに行っても、電車に乗っても、どこに行ってもマッチョなイケメン男性がブーメランパンツ一丁で巨根を強調してたり、美少年が媚びた表情をしてたらどう思う? 気持ち悪いよね? 不快だよね?

その上、学校の先生から性的な対象として見られたらどう? 吐き気がするよね? 子供なのに成人のように扱われたら困惑するよね?

『のうりん』ポスター問題がこじれている原因は、物心ついた頃から性的に消費されてきた女性と、そんな経験は一切ない(と思っている)男性の認識の差がすべてではないでしょうか。

 

 

 

わたしがBLを読む理由について考えた一連の記事はこちら。

misandry.hatenablog.com

misandry.hatenablog.com

misandry.hatenablog.com

misandry.hatenablog.com