読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

BLをオカズにする腐女子が初めてBLCDを聞いてみた

間島は永遠に滅びぬ

まずは結論から。

喘ぎ声だけでオカズになるか、ボケ。なめてんのか。

購入したのはこちらの商品。

プロの演技すげーとひたすら感心しました。半ば無理やりヤられる受けが本当につらそうで、こっちまで痛くなってくる。あと、受けが今年5月に死んだうちの猫と同じ名前だから、すごく複雑な気持ちになった。享年19歳。

カップリングは「ドSな先輩×一途な後輩」です。ジャケットの右が先輩、左が後輩。余談ですが、女性向け漫画(BL含)における白い髪はチャラいキャラの記号。黒い髪は真面目なキャラの記号です。例外もあります。『夏目友人帳』の主人公、夏目貴志とか。

CDの収録時間は約50分。「タイミングは最悪」「溶けあう、からだ」「アフターストーリー『先輩が好きすぎて殴りたい』」の3章仕立てです。

あらすじを簡単にご紹介します。部室で先輩のタオルをオカズにオナニーをしていた後輩が、タオルの持ち主に現場を押さえられ、なんだかんだで処女喪失。後日談は生徒会室でのイチャイチャです。

通常盤を買ったあとに限定版があることを知り、アニメイトオンラインショップで慌てて追加購入しました。

男性って喘ぎ声だけでもオカズになるんですかね。正直どうでもいいんですが、事務所が守る価値もない空気声優、間島淳司さんは喘ぎ声だけでも十分オカズになるそうです。

そう判断したからこそ、「BL(CD)なんてAVやないかw」と自分の中で結論づけたわけです。てか、記事の中でBLCDについて語っていたはずなのに、いきなり「BLとはなんぞや」と対象を無限大まで広げたのでややこしいことになったんですよね。人間には最低限の知能が必要だということがよくわかります。

ここで今日のおさらい。みなさ~ん、間島さんは喘ぎ声をオカズにしてオナニーするそうですよ~。

間島さんがどんなものをオカズにしようが構わないんですが、とりあえず自己と他者をごっちゃにしないでくださいね。間島さんは間島さん、他人は他人。まったく別個の存在ですよ。わかったかな~?

間島って誰?と思った方はぜひこちらの記事からお読みください。

misandry.hatenablog.com

『BL=AVでいいけど、妊カフェがきもすぎて吐く』『天才イリュージョニスト 間島淳司 爆☆誕!』と続きます。

BLCDを初めて聞いた感想は「喘ぎ声だけでオカズになるか、ボケ」でしたが、まったくエロくなかったというわけではありません。オカズにしたいエロさとはまた違う種類のエロさ。子宮がきゅーっとなる感じ。

たとえば、後輩が泣きながら「好き」と繰り返すシーン。「かわいい」と思うと同時に「エロい」とも思います。後輩の告白を受けて先輩がキスをするシーン。萌えると同時に「エロい」とも思います。特に、キスシーンは子宮がきゅーっとなります。

「萌える」の定義が自分でもよくわからないのですが、たぶん「かわいい」と「エロい」の中間です。そして、ぶっちゃけ濡れ場はいらない。受けと攻めがキスしながらイチャイチャしてればそれでいい。

わたしがここまで感想、体験をあけすけに語っている理由。それは腐女子が性をタブー視して何も語ってこなかったせいで、「BLはファンタジー」を誤って解釈された上に、その誤った解釈をもとにいわれのない非難を受けたからです。

腐女子が性をタブー視し続ければ、間島が死んでも、必ず第二、第三の間島が現れるだろう。間島は永遠に滅びぬ。

わたしの感想、体験はあくまで個人的なものです。当たり前ですが、腐女子は人間ですので、100人いれば100通りの萌え所や考え方があります。

腐女子の好みが簡単にわかるなら、腐女子受けを狙ったアニメが大量生産・大量消費されていてもいいはず。しかし現在、腐女子に大人気なのは、腐女子の好みなど微塵も考慮していないキャラデザ&ストーリーの『おそ松さん』。

正直、何に萌えるかなんて蓋を開けてみるまで腐女子本人にもわからないのではないでしょうか。わたしの場合、「すげー!この作品おもしれー!」と転げ回っているうちに、「A×B!A×B!」と叫んでいます。心の中で。

ざまぁ

ところで、わたしは下のツイートを読んで、自分が二次元キャラに対して蔑視しながら欲情していると気づきました。

わたしはマッチョな男性がレイプされたり輪姦されながらアンアン言っていると、「ざまぁ」と思いながら欲情します。もしかしたら、わたしに嗜虐的な傾向があるのかもしれません。

しかし、現実世界の男性に対して蔑視しながら欲情することは絶対にありません。虫ケラ以下だと思っている間島さんにも当然、性的な魅力は感じません。現実世界で好意を抱く相手は人間として尊敬できる男性です。

今さらかもしれませんが、わたしはシスジェンダー性自認が一致)なヘテロセクシュアル異性愛者)です。

わたしはオカズにするため、また現実世界の男尊女卑を忘れるためにBLを読みます。BLでひどい目にあうのは必ず男性です。セクハラも痴漢もレイプも被害者は男性です。女性は絶対に傷つきません。だから、BLが好きです。

ジェンダーについて勉強するようになってから、男性向けの過激なエロ漫画は読まなくなりました。

もちろん、受けと攻めが愛し合ったり、共に困難を乗り越える姿にも感動します。そういえば以前、受けと攻めがフランス革命後の困難を乗り越える『執事の分際』を読んでぶっ倒れたことがあります。

夕食前の空腹時に読んだせいだと思うんですが、読み終わって台所に行ったらいきなり目の前が真っ暗になりました。体が勝手に受け身を取っていたので無傷でしたが、運が悪ければ『執事の分際』が原因で死ぬところでした。

わたしがぶっ倒れるほど萌えたよしながふみさんの漫画はこちら。

執事の分際 (白泉社文庫)

執事の分際 (白泉社文庫)

 

女性が男性を性的に消費することが許されるのはBLを読んでいる間だけです。現実世界に戻れば、否応なく消費される側に回ります。性的に消費されることは名誉でもなんでもありません。性的に消費されることが名誉であるなら、なぜ痴漢にあった男性被害者は名乗り出ないのでしょうか?

痴漢にあった男性被害者の話はまた今度。

「中指がひくひくする」?

下のTogetterまとめは話題になった当時読んだんですが、ツッコミは他の人がしているからいいとして、気になったのが「中指がひくひくする」。

togetter.com

Web上の別の場所でも「中指がひくひくする」という表現を見かけたことがあるんですが、女性は感じると「中指がひくひくする」んですか? 『マクベス』に出てくる魔女じゃなくて? あれは親指だけど。

話がそれました。このまとめが作られたきっかけは、上の男性が「『シコれる』『シコ』だと興奮できないから『えっちな絵みてたらおまたがムズムズしちゃたよぉ……///』って言え」とツイートしたことです。

このように、女性が性的に消費されることは日常茶飯事です。性的な消費から逃れるために女性が腐女子になろうとも、男性はどこまでも追いかけてきて「女として男に奉仕しろ!」と要求してきます。

別の男性によるツイート。

https://twitter.com/nyalra/status/539457686505390080

なぜ男性から性的に消費されることが名誉なのでしょうか? 性的に消費されることが名誉であるなら、なぜ痴漢にあった男性被害者は名乗り出ないのでしょうか? 大事なことなので(略)。

つか、誰も「男性のオタク視点で性的なコンテンツを理解してますよ」アピなんてしてねーからな。そんなに腐女子が嫌いなら、心のまんこを濡らして腐女子をイラっとさせとけばいいんじゃねーの? あ、まんこはちんこより下位の存在だから、それはプライドが許さないかな?

発端となった男性は「私たちからちんこまでとらないでほしい…」と語っていますが、男性の去勢恐怖は『CLANNAD』のように人生なんですか?

「去勢=男ではない=女である」という恐怖から逃れるために、ちんこ神輿を担がないでください。他にも大勢人が歩いているんです。

うわぁ、かわいそう…

思ったんですが、女性が大嫌いな男性って自分の性も大嫌いですよね。わたしは女性同士がイチャイチャしようがセックスしようが当人たちの勝手だと思っています。しかし、ミソジニー女性嫌悪)でホモフォビア(同性愛嫌悪)な男性は、男性同士のイチャイチャやセックスを激しく嫌悪します。

「男同士がイチャイチャするなんて異常だ!だから、それを好む腐女子も異常だ!」

これが腐女子差別主義者の主張です。女性にも腐女子差別主義者はいますが、ここでは性を主体的に消費する男性に限定します。

去勢されることを全力で嫌がり、なおかつ女性を蔑視しているにもかかわらず、男性同士のイチャイチャやセックスを激しく嫌悪する。ずっと不思議だったんですよね。江戸時代は「男女でヤるより男同士でヤるほうがマジ偉い」という考え方でした。

Wikipediaの「日本における同性愛」というページにこの画像があったんですが、攻めのちんこはやたらでかいのに受けは控えめなところが現代のBLと同じで面白い。

f:id:misandry:20160428034408j:plain

日本における同性愛 - Wikipedia

古代から江戸時代にかけて、日本は長らく男色♂パラダイスでした。それが明治に入って急速に西洋化が進み、キリスト教的価値観がよしとされるようになりました。

日本にいるミソジニーホモフォビアな男性は、キリスト教化以前の日本は未開の地であり、キリスト教化以後の日本こそ文明国である、というまるでシーシェパードのような思考の持ち主なのかもしれません。名誉白人ってやつ?

いくら同性愛を否定しても白人にはなれないのに。かわいそう…。

欧米では「ホモフォーブ(同性愛嫌悪の人間)に限ってゲイ」の法則が有名です。映画『アメリカン・ビューティー』とか。

こちらはレズビアンのみやきちさんが運営するサイト『石壁に百合の花咲く』の記事です。

www.ishiyuri.com

みやきちさんのサイトでは、「ホモフォーブに限ってゲイ」な男性の記事をよく見かけるんですが、みやきちさん自身が「ゲイバレ自爆負け犬クラブ」のリストを作っていらっしゃいました。

・合衆国上院議員ラリー・クレイグ(Larry Craig)氏
性的指向にもとづく犯罪をヘイトクライムに含めることや、性的指向による雇用差別の禁止などに反対していた。2007年に空港の男子トイレで男性の私服警察官にみだらな行為をはたらこうとして逮捕された。


ノースダコタ州下院議員ランディー・ボニング(Randy Boehning)氏
LGBTの州民を差別から守る法案に反対した後、ゲイ向けの出会いアプリで自分のヌード写真を送信していたことがばれる。

 

インディアナ州の共和党団体「ヤング・リパブリカンズ」の元リーダー、グレン・マーフィー・Jr.(Glenn Murphy Jr.)氏

「ストレートな」家族の価値を提唱していたが、「ヤング・リパブリカンズ」の男性会員が眠っている間に同意なくフェラチオして捕まり、性犯罪者として登録された。

 

ノースカロライナ州カンバーランド郡政委員会の元会長、ブルース・バークレイ(Bruce Barclay)氏

同性愛は自然に対する罪であると主張する一方、自宅に男娼との性行為を録画したセックステープを少なくとも100本隠していたことを警察が発見。


ノースカロライナ州上院議員候補スティーヴ・ワイルズ(Steve Wiles)氏
同性愛や同性婚に反対し、ゲイバーでドラァグクイーンとして働いていた過去をすっぱぬかれる。


ワシントン州下院議員リチャード・カーティス(Richard Curtis)氏
ドメスティック・パートナー法などに反対していたが、男性とのセックススキャンダルで議員を辞職。


カリフォルニア州上院議員ロイ・アッシュバーン(Roy Ashburn)氏
「提案8号」を支持し、「ハーヴェイ・ミルクの日」の制定や、他州での同性婚を認めることなどに反対していた。ある日ゲイバーを出た後飲酒運転で逮捕され、その車に男性同乗者がいたことからゲイだとばれる。のちに本人がゲイであることを認める。

記事の冒頭で取り上げられていた共和党員を含めると計8人。もちろん、この8人以外にも大勢います。

自分の人生がちっとも楽しくないから、楽しく生きている他人を攻撃する残念な人ってよくいますよね。おめでたいことがあった芸能人に噛みつく人たちが典型的な例です。ホモフォビアな男性も堂々と生きているゲイの人たちが心底羨ましいんでしょう。だから、必要以上に攻撃する。

ミソジニーホモフォビアは魂の双子、アンハッピーセットです。つまり、日本にいるミソジニーホモフォビアな男性は、同性同士でガン掘りしたい願望を抱えつつ、白人にもなりたがっている、ということかもしれません。

うわぁ、かわいそう…。君は君のままでいいんだよ。

 

 

 

間島さん=ミソジニスト=ホモフォーブ=同性同士でガン掘りしたい?

misandry.hatenablog.com

misandry.hatenablog.com