Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

24時間365日自分に酔えるってすごいね☆

イリュージョニスト爆☆誕!

はてなブログで話題になっているので読んでみました。

ymrk.hatenablog.com

24時間365日自分に酔えるってすごいね☆

著者の男性は大学生らしいのですが、とにかく文章が幼稚です。恋愛工学を学べる小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』を何かの間違いでもう一度読んでいるのか? 覚めない悪夢を見ているのか? と自分の正気を疑いました。

気のせいでした。よかった。

misandry.hatenablog.com

著者のイミさんという方は、『ぼくは愛を~』の主人公と同じように知能が6歳児並みです。性欲は一人前にあります。また、自分と他者が別個の存在であることがわかっていません。

内容を3行でまとめると、

かわいそうな僕ちんかわいそう(>_<)

かわいそうな僕ちん救われた!

あー、よかった

です。

よかったね。

イミさんは小学6年生の時点ですでに彼女がいた"勝ち組"です。放課後、つきあっていた彼女のリコーダーや鍵盤ハーモニカをこっそり吹きました。

中学2年生の時にはつきあっていた彼女の体操服を盗みました。

高校2年生の時にはつきあっていた彼女にフラれます。イミさんは長文メールで責め立て、拒食症になったその子のために毎週手作りのお菓子をプレゼントし、脱童貞も済ませ、卒業式の日に告白されるとフリました。

『ぼくは愛を~』の主人公と同じように、『世界の中心で、愛をさけぶ』を観たらきっと号泣するんでしょうね。かわいそうなのはあくまで自分です。世界の中心にいるのはイミさん一人だけです。

イミさんはいろいろな経緯ののち、「性嫌悪」という言葉を調べました。自分は女性を性的欲求の対象にすることに罪悪感を覚え、同時に性的欲求の対象にされることを受け入れられない人間であると気づいたそうです。

「相手に性的な眼差しを向けられない」イミさんは、レイプものや盗撮もののAVで欲求を満たすようになります。

そして、「自分が潔白な存在」ではないと感じ、「精神的に死んで」いるほどの激しい自己嫌悪に苛まれます。

そんな彼は、1、2時間話したことがある程度のバイト仲間の女性を自分が通っている大学の屋上に呼び出します。夜中に。

え?

イミさんはA子さん(バイト仲間の女性)とコンビニで食料品やビールを買い込み、近所の自宅から毛布を持ち出し、大学の屋上に座り込み、午前0時から午前4時まで「何が言いたいの?」と問われても、ひたすら本題を切り出しませんでした。

ただのいやがらせだよね?

イミさんは疲れて寝てしまったA子さんを「揺さぶって起こし」、「膝枕をしてくれたら話せるんだー!」と言いました。

名人級のいやがらせだよね?

A子さんは快くイミさんに膝枕をしてくれました。その上、手もつないでくれました。「膝枕をしてもらって、手を貸してもらって、毛布で顔を覆って、時間に追われて、やっと」イミさんは本題を切り出しました。 

話している途中、イミさんはしくしくと泣き出してしまいました。A子さんは「話の先を予想して、話を誘導してくれました」。

すべて話し終わったイミさんは、あまりの快感にヘブン状態になりました。

A子さんはそんなイミさんに、小学6年生から高校2年生まで実の兄弟(兄なのか弟なのか、1人なのか複数なのか不明)から性的虐待を受けていた過去を告白しました。

電車内で痴漢にあっても、肉親の男性に恐怖心を植えつけられた経験から、ただひたすら「我慢をするのが当たり前になっている」そうです。

イミさんは「彼女がいろんなことを『仕方がない、仕方がない』と我慢してきたその力で、僕は自分の欲望の中に加害的な側面があるというコンプレックスを赦された」と悟りました。

え? は? ちょ…… え? え?

記事を読む限り、A子さんが実際に「それは仕方がないことだよ」と口に出して言ったのか、はたまたイミさんの妄想なのか、はっきりしないんですが、イミさんは救われたそうです。

何が起きたの? デビッド・カッパーフィールドのイリュージョン?

イリュージョニストのイミさんは、A子さんに「頑張って生きてほしいなぁと思います」という感慨を抱きました。おもっくそ他人事だね。性的虐待を受けたのはイミさんじゃないもんね。

最後は「しっかり自分と向き合って、尚且つ誰かと共に生きていくということを、これからも考えていきたいなぁ、と思いました」と締めくくっています。

何いい話にしてるの? 男性の性奴隷として犠牲を強いられている女性の口に泣きながら精液をぶちまけておいて何いい話にしてるの?

デビッド・カッパーフィールドを超えるイリュージョニスト爆☆誕!

大して親しくもない女性を真夜中の大学に連れ出して、本題を切り出さずに4時間「グズグズして」、挙句に膝枕してもらいながら涙を交えて過去のどうでもいい話を告白するって4万以上包んでいいレベルだよね?

臨床心理士のカウンセリングの相場は大抵、1時間につき1万強なんだけど? 4時間なら4万強になるよね?

イミさんはこの記事の反応をtogetterにまとめているんですが、ほんとに自分が好きで好きでしょうがないんですね。それは仕方がないことだよ。

って誰が言うかボケっ!

しかも、自分の欲望に加害者的な側面が存在していることをこの世の終わりのように語っているんですが、そんなん人間なら誰にでもあるから。万人に嗜虐的な一面があるから、いじめも拷問も戦争も世界からなくならないんでしょ?

性欲の多寡だって気にするようなことではありません。他人を傷つけなきゃな。

つか、A子さんは今すぐ逃げてー!全力で逃げてー!

性的欲求に罪悪感を覚えても、他人から愛情や時間を搾取することに罪悪感を覚えないイミさんはあなたを徹底的に利用します。今すぐ逃げてー!

A子さんがこのブログを読んでいる可能性は限りなくゼロですが、同じような境遇の方のためにNPO BONDプロジェクトをご紹介します。

特定非営利法人BONDプロジェクト | 10代20代の生きづらさを抱える女の子のための女性による支援。

電話、メール、日暮里にある相談室で心のうちを話すことができます。必要な専門機関も紹介してもらえます。だから、イリュージョニストとは縁を切ってー!

性的虐待を受けた女性や子供のための支援団体一覧は下のリンクから。

国内で活動している民間団体

イミさんの記事を読んでいて、わたしはたまたま見つけた風俗嬢の掲示板を思い出しました。

風俗嬢のつぶやきブログ : 先走り汁 カウパー対処法

わたしはフェラした後カウパーふくんだ唾液を捨て場所ないからDキスで流し込んでるよ
客は「○○ちゃんのつば美味しい♡」とか言って飲んでる
存在だけでなく言うこともおぞましいですね、って感じ

風俗嬢に愚痴られている客の独りよがりっぷりがイミさんそっくり。イミさんって風俗嬢の営業トークもつばと同じように鵜呑みにするタイプっぽい。

あと、大学の屋上でビールを飲んでいる場面で、自分のことを「理性が強すぎて全く酔えないタイプ」と書いているんですが、酔う酔わないはアルコールを分解する体内の酵素が活発か否かで決まるから。理性とかぜんっっぜん関係ないから。

つか、お前は酒なんか飲まなくても24時間365日自分に酔ってんだろうがよ!脳内フェアリーテイルを絵本にして大学生協で売るぞ!

あ、もう全世界に向けてフェアリーテイルを公開していましたね。そんなにセックスができるお母さんが欲しいなら、つか欲しいあまり他人を搾取するなら、自分のお母さんに泣きながら土下座してセックスさせてくれって頼めよ。な?

f:id:misandry:20150922194218p:plain

 

 

 

恋愛工学の教祖様、藤沢数希尊師の本音を知りたい方はこちら。

misandry.hatenablog.com