Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

続・女性の体とお金だけが欲しいジャンプ編集部

全裸の悟空やルフィやナルトや一護

週刊少年ジャンプで連載中の『ゆらぎ荘の幽奈さん』の巻頭カラーイラストが、性暴力を肯定しているとして批判されている問題。

(引用したツイートは以下の画像を含めて3枚がアップされています)

f:id:misandry:20170707043007j:plain

わたしは当該作品の『ゆらぎ荘~』を読んだことはありません。

読んだことはありませんが、仮に第1話から最新話まですべてのページに「※これらの行為は現実世界ではセクハラや犯罪に当たります」という注意書きがあったとしても、このイラストで台無しになるくらい、女性への憎悪を感じます。

「なんで憎悪?」と疑問に思われる方は、全裸の悟空やルフィやナルトや一護が股間を隠しながら頬を染めて涙目になっているところを想像してみてください。このイラストはそれとまったく同じ状況です。

掲載されている媒体が子供の買えない代物であるなら問題はありませんが、コンビニや本屋の目立つ場所に置いてある少年ジャンプです。兄/姉の買ってきたジャンプを読んでいる未就学児童もいるでしょう。

毎度毎度おなじみですが、Web上で確認できる擁護派の主張は以下の通り。

表現規制反対!」「女のエロ嫌悪/憎悪」「気に入らないから抗議してるんだろ」「現実とフィクションの区別がついてない」「エロい作品は昔からある」etc.

・「表現規制反対!」→誰も規制しろとは言ってない、ゾーニングしろ

・「女のエロ嫌悪/憎悪」→性暴力を肯定するなと言ってる

・「気に入らないから抗議してるんだろ」→性暴力を肯定するなと言ってる

・「現実とフィクションの区別がついてない」→フィクションの影響は存在する(『けものフレンズ』のヒットでオタクが動物園に押し寄せたり等)

・「エロい作品は昔からある」→いつまで時代錯誤なことやってんだ

わたしは『女性の体とお金だけが欲しいジャンプ編集部』で、健康的なエロの例としてビアちゃんの画像をご紹介しました。(あっちの画像も好きだけとこっちも好き)

f:id:misandry:20170707051906j:plain

https://twitter.com/Ladybeard_Japan?lang=ja

日本中にあふれ返っているグラビアを思い出していただきたいんですが、なぜか映っている女性はみんなカメラ(男性)の顔色をうかがっています。「わたしの完璧な肉体を見ろ」と言うかのように堂々と映っている女性はいません。1人もいません。しているのは受け身な表情やポーズだけ。

ちなみに、ご存じない方のためにご説明しますと、世界で一番視聴されているアニメはディズニー作品です。ディズニープリンセスが海でマッドマックスをやる時代に、日本は子供向けの漫画雑誌で性暴力礼賛。美しすぎて泣ける。

話を戻します。Togetterで「ジャンプお色気♡騒動。【法律家版】」と一緒にリアルタイムランキング上位に食い込んでいたこちらのまとめ。

togetter.com

ツイートしたくろは氏は『有害指定同級生』の作者です。ただの宣伝です。また、くろは氏はエロ同人誌を模倣した性犯罪が報じられた際、このような漫画を描いてTwitterにアップしています。

f:id:misandry:20170707055830j:plain

https://twitter.com/ku_ro_ha/status/874915304165560322

帰宅部活動記録』もくろは氏の作品です。実在する女子中学生が被害にあった事件をこのように茶化して宣伝に利用することしかできない精神、これがホモソーシャルです(ホモソーシャルとは女性と同性愛者を差別しながら男性同士がイチャイチャする世界のこと)。

また、模倣された同人誌の作者クジラックス氏のツイートがこちら。

f:id:misandry:20170707061441j:plain

女の子が泣いている画像は模倣された同人誌のひとコマです。クジラックス氏は別のツイートで「はいこれは確かに私だけの問題です」と語っていますが、被害者については一切言及していません。

以下はクジラックス氏へのリプライ。

f:id:misandry:20170707062119j:plain

これがジャンプをはじめとする少年漫画で性暴力を肯定してきた結果です。

肉便器探し?

科学的な調査結果も出ています。

たとえば、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版「オンラインポルノの影響と新たな対処法」という記事によれば、「ポルノを見たあとの男性は女性を人としてではなく、物として見ていたことが分かっ」ています。

精神保健福祉士社会福祉士の斉藤章佳氏は対談の中で「小児を対象としたポルノを繰り返し見ると、小児=性的対象だと刷り込まれて、行動化へのハードルがぐっと低くなる……。なんらかの規制が必要だと強く思いますね。」と述べています。

現実とフィクションの区別がついていないのは男性です。フィクションの影響を受けて性犯罪を実行に移すのも男性です。

また、性犯罪を茶化したり宣伝に利用する人たちを見ていると、男性自身がまさに「エロを嫌悪/憎悪」していることがわかります。エロを素晴らしいものだと思っているなら女性が性犯罪被害にあっても茶化しませんし、「エロ=暴力」という発想にもなりません。

ホモソーシャル内にいる男性はよく、「女は恋愛が好き」「恋愛とイケメンさえあれば食いつくんだろ」といった偏見を披露します。

これほんと不思議なんですよね。『ゆらぎ荘~』もそうですが、平凡な主人公が複数の美少女からモテる、いわゆるハーレムものって漫画・アニメ・ラノベ・ゲームとジャンルを問わず掃いて捨てるほどありますよね。

ハーレムものって恋愛じゃないの? 肉便器探し?

この現象は男性がハーレムものを恋愛だと認識していないことの証左ではないでしょうか。当の男性ですら潜在意識では「ハーレムもの=肉便器探し」だと気づいている。だから、口が裂けても恋愛だとは言えない。

男性はおそらく、差別や暴力にまみれた己の存在に引け目を感じているのではないでしょうか。差別や暴力にまみれていない女性はキラキラして見える。なんであいつらだけ。だから、女性を無理やり自分のいるところまで引きずり下ろして興奮する。

ごめんね~? キラキラしててごめんね~?

 

 

 

こちらの記事はセクシズム全開トイレマーク騒動について。

misandry.hatenablog.com