Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

HENTAI JAPAN

日本は格が違う

f:id:misandry:20180704094654j:plain

先月28日、イギリスのBBCでドキュメンタリー「Japan's Secret Shame(日本の秘められた恥)」が放送されました。

「日本の秘められた恥」 伊藤詩織氏のドキュメンタリーをBBCが放送 - BBCニュース

「Japan's Secret Shame」は伊藤詩織さんが日本社会でどのような扱いを受けているかを克明に取材したドキュメンタリーなのですが、案の定、この放送を受けて伊藤さんに対するバッシングがネット上で過熱しています。

たとえば、このような意見。

この方は一個人ですが、「Japan's~」に登場した杉田水脈氏は現役の衆議院議員です。杉田氏はドキュメンタリーの中で、伊藤さんに「女として落ち度があった」と二次加害発言をし、放送後もTwitterで二次加害発言を繰り返しています。

発言の詳細はBLOGOSの「女としての落ち度〜『杉田水脈(的女性)論』 序の序の序」で紹介されています。

二次加害する人たちに共通して見られるのが、日本が一方的におとしめられたという被害者意識。「日本は素晴らしい国なのに、その名誉を傷つけやがって」と感じているようです。

今さらすぎる。

わたしは海外ドラマをよく観ますが、日本や日本人の話題が出てくることはまずありません。しかし、まったくないわけでもありません。その滅多にない日本関係の話題は、大抵、日本のHENTAIっぷりを視聴者に伝える内容です。

思い出せるものだけでも、女体盛り(「CSI:NY」)、使用済みの下着を売る自動販売機を東京で見た、というセリフ(「CSI:科学捜査班」)、アジア系の男性がアジア系というだけで「変態行為(Hentai thing)でもやってんのか?」と言われる(「ウエストワールド」)、「日本のオタクサラリーマンが好きそう」とからかわれる子供っぽい服の女の子(「glee/グリー」)、職を求めている女性に性行為を強要する日本人男性(「高い城の男」)。

「職を求めている女性に性行為を強要する日本人男性」はまさに山口敬之そのもの。

女体盛りはドラマを観た当時、「さすがに都市伝説だろ」と思ったのですが、現役大臣が未成年者で女体盛りをしたのではないかという疑惑が持ち上がったことで、「日本は格が違う」と考えを改めました。

松山政司・一億総活躍担当大臣の「女体盛り」パーティ疑惑 | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

国際語の「CHIKAN」は、日本語を含めて11か国語分のWikipediaのページがあります(カタルーニャ語ドイツ語英語スペイン語フランス語日本語韓国語ポルトガル語ロシア語中国語インドネシア語)。

精神保健福祉士社会福祉士の斉藤章佳氏は、DIAMOND onlineの「痴漢するエリート外国人が増加中、「Chikan」が国際語に!?」でこのように語っています。

「不名誉なことですが、今では『Chikan』という言葉は『Tsunami』や『Ramen』のように世界共通語になりつつあります。その理由は、痴漢を題材にした日本のAVが無料アダルトサイトで世界中で観られているからでしょう。日本のいわゆる痴漢モノAVが痴漢行為の引き金になっていた例もありました」

フランスでは、日本人女性が自身の痴漢被害体験をつづった『Tchikan』が2017年に出版されて話題になりました。

世界共通語になりつつある「CHIKAN」、根底に日本特有の満員電車と認識の甘さ | AbemaTIMES

6年間痴漢に遭い続けた女性が、今語る理由 | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

CHIKANが日常茶飯事のHENTAI大国

また、日本人女性=AVのイメージは世界中に浸透しています。

(略)台湾人男性の多くが「日本人女性」と聞いてまず思い浮かべる事に「アダルトビデオ」がある。台湾では基本的にアダルトビデオの発売や上映は法律で禁止されているが、その代わり日本からの海賊版が大量に出回っている。

 

(略)

 

これは何も台湾だけに限られたことではなく、中国でも蒼井そら氏が絶大な人気を誇るのはよく知られているし、韓国やタイでも日本の性的コンテンツは非常に人気がある。

日本人女優を起用した避妊具の台湾広告に私が違和感を抱いた理由 | nippon.com 

Twitterではよく海外在住の日本人女性が、外国人男性からAVのイメージで見られることを愚痴っているのですが、見つけることができたのはとりあえずこちらのツイートだけでした。 

ドラマのセリフ「Hentai thing(変態行為)」からもわかるように、「HENTAI(日本の成人向け漫画・アニメ・ゲームのこと)」はすでに立派な国際語です。

そして、アメリカのオルタナ右翼ネトウヨのようなもの)は日本のアニメが大好きです。

KKKのような元祖・白人至上主義者にも日本は人気です。

「ヴァイス」の報道では、8月にヴァージニア州シャーロットヴィルで行われた白人至上主義者のデモの参加者が 日本語のタトゥーをしていたことや、元KKKのリーダー、デヴィッド・デュークを始めとする極右派の著名人が アジア、特に日本を高く評価していることを指摘。その理由として日本が白人至上主義者が目指す”モノエスニック・ユートピア”、 すなわち単一民族国家を実現している理想的なモデルで、 人種や宗教の対立や争い、それによる価値観や道徳観の相違が生じない 平和で安定した社会であると 彼らが考えていることを挙げているのだった。

 

(略)


同番組以外でも、白人至上主義者がアジア、特に日本を好むことを指摘するメディアは少なく無いようで、 そうしたメディアでは アジア人が他人種ほど人種差別を騒ぎ立てたり 自己主張をしないこと、 アジアの国々が伝統的に保守系の白人社会同様に男尊女卑の意識が根強いこと等に加えて、 白人至上主義者らが敵対する他人種、及びユダヤ人と 数的に張り合うために、同盟関係の人種が必要という見方もあるようなのだった。

キャッチ・オブ・ザ・ウィーク by 秋山曜子 "白人至上主義者のジャパン・フェティッシュ、 その背景にある様々な要因とは?"

これが日本です。CHIKANが日常茶飯事のHENTAI大国であり、レイシストにとってのユートピア

伊藤さんのせいで日本の名誉が傷つけられた? え??