Misandry Blog

ミサンドリー(男性嫌悪)なブログです。

みんな大好きジャップ田ジャップ男

猿! 猿!

f:id:misandry:20170930114310j:plain

今回は、9月28日にフジテレビで放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』というバラエティ番組に、男性同性愛者を差別する保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)というキャラクターが登場した件について手短に書きます。

30日午前、はてなブログトップに表示されたおすすめ記事のうち、3本が保毛尾田を批判するものでした。だいぶ救われた気持ちになりました。差別って当事者でなくてもダメージを受けるんですよ。

番組の内容については、BuzzFeed News「まさか2017年に『ホモ』という言葉をテレビで聞くとは思わなかった」フジの番組で物議が詳しいのでこちらをお読みください。

当事者でないわたしがダメージを受けるんですから、当事者の負う傷は想像を絶します。

anond.hatelabo.jp

 「自分は男が好きなんだ」と意識しだした思春期に、このキャラクターはテレビで大人気だった。家で親や兄弟はこれを見ながら笑っていたし、学校でもよくネタになっていて、「男を好きな男は気持ち悪いもの」「男を好きな男は笑われて馬鹿にされるもの」という価値観を世間に強烈にばらまいていた。

 

(略)

 

世間に飽きられたのか、いつの間にかこのキャラクターはテレビの中からいなくなっていた。だから自分もその存在を意識しなくなっていたんだけど、今朝復活のニュースを聞いた時、ぎゅーっと胸が苦しくなるのを感じて自分でもびっくりした。トラウマってこういうことを言うのかなと思った。

漫画家のうさきこう氏も過去の体験を振り返っています。

芸能人やテレビ局社員が肩書きだけで尊敬を集める時代はとうの昔に終わっていますが、フジテレビはその事実にまったく気づいていません。目の前にある東京湾にさっさと沈めばいいのに。

台湾では同性婚を認めない民法憲法違反だという判断が下され、香港では同性パートナーにも家族ビザが認められました。時代に逆行しているのは日本くらいじゃないですか? 日本すごい。

この国のお笑いは自分より立場が弱い人間を嘲笑することでしかありません。しかも、嘲笑が権力者に向かうことは絶対にありません。日本のお笑いはただの差別です。

胸糞悪いことに、ネット上には保毛田を擁護する声が結構あるんですよね。ほんとうんざりする。

クレーマーが増えたせいで今のテレビは委縮してつまらなくなった」「昔はもっと寛容だった」「ゲイを笑ってるんじゃなくてあのキャラを笑ってるんだ」等々。

昔はアフリカ系アメリカ人を木から吊るしたり、日系アメリカ人を強制収容所に入れても問題にならない素晴らしい時代でしたよね。

天皇の赤子(せきし)が女性をレイプして殺しても問題にならない素晴らしい時代でしたよね。

アスベスト副流煙も水銀も心置きなく摂取できた素晴らしい時代でしたよね。

てか、保毛尾田が問題ないと思ってる人は、背が小さくて猫背で出っ歯で眼鏡をかけたジャップ田ジャップ男が、人気キャラだからという理由で30年ぶりに復活して、白人から「猿! 猿!」と罵られるコントが放送されても同じように問題ないと思うんですか?

なんでここまで説明しないといけないの?

以前、『ゴールデンカムイは同性愛差別なのか?』という記事をアップしましたが、保毛尾田も淫夢ネタもヤマジュン語もゴールデンカムイも地続きなんですよね。日本は進歩も成長もしていません。

ちなみに、わたしは記事の中でゴールデンカムイのことを「ホモソーシャル臭があまりしない」と評していますが、気のせいでした。早とちりでした。ゴールデンカムイがなぜホモソーシャルなのかについては改めて記事にします。

 

 

 

天皇の赤子が行った強姦殺人についてはこちらをどうぞ。

misandry.hatenablog.com